更新履歴


カテゴリー


タイトル一覧


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「I LOVE YOU を訳しなさいバトン」3本目となります。キョーコ視点で、1年後の話。4話程度で終わる予定です。





「I LOVE YOU を訳しなさい」

それは他愛のない言葉遊びだった。

にも拘らず、その答えを見つけたいと本気で思ったのは、役者として、そして一人の人間として成長するために不可欠だと感じたから。

あの人なら、どんな風に意訳するんだろう……

ふと思い浮かんだのは、尊敬する先輩の顔だった。


「笑って欲しい、かな」

そう答えてくれた先輩が、時々苦しそうな瞳をしている事に気が付いたのはいつの頃だったろう。
最初のうちは考えすぎだと思っていた。なぜなら私と目が合うと、あの人はそんな表情を綺麗に消し去って笑いかけてくれたから。

あなたは何を思っているんですか?
何を悩んでいるんですか?
私にできる事はありますか……?

聞きたいことはたくさんあるのに、柔らかな笑顔に阻まれて言い出すことができない。
だけど少しでも理解したくて、彼の何気ない仕草や表情にも注意を向けて、考えに考えて……。どうしてこんなにも気になるのか、自分でも不思議になぐらいにあの人の事ばかり思うようになって。

そうして知ることになったのは、あの人の気持ちではなく――私の気持ちだった。


「こんにちは、最上さん」
いつもの人当たりの良い微笑を浮かべて、敦賀さんが部室のドアを開けた。

「すみません、お呼び出ししてしまって」
「いや、俺も丁度事務所に用事があったし、君からのお誘いならいつでも喜んで応じるよ」

「お上手ですね」と返したくなるソツのないセリフもこの人が言えば様になるし、本当に喜んでくれているように見えるからある意味性質が悪い。こんな何気ない言葉にこの数ヶ月、どれほど心を揺さぶられてきた事だろう。

「それにしても珍しいね」
椅子に腰を下ろしながら、敦賀さんが口を開いた。
「何がですか?」
「事務所で会えますか、なんて尋ねてきたのは初めてだろう?君が俺に用がある時は、俺のマンションに直接来るパターンがほとんどだしね」
「そ、そうですか?」
「そうです」
敦賀さんはテーブルの上で手を組み、それは大仰に頷いた。

「大抵はひどく差し迫った顔で、『敦賀さんっ、突然お伺いして申し訳ありません!演技の事でお聞きしたい事があるのですがお時間を頂けますでしょうか!』と、突風のように押しかけて来て…」
「ずっ、図々しくも騒々しい後輩ですみませんっっ!!!」

己の罪状を暴露されているようでいたたまれず、思わず敦賀さんの言葉を遮り深く頭を下げると、クスクスと笑う声が耳に飛び込んできた。

「いいよ。別に気にしている訳ではないから。それに君は飲み込みが早いから、俺も教えがいがある」
「そう言って頂けると、ありがたくも光栄なのですが……」
「何よりも君が、他の『先輩』の所に駆け込んだりしたら困るしね」
「え……」

続けられた言葉に引っ掛かりを覚えて顔を上げると、敦賀さんは済ました顔で私の出したお茶を口にしていた。

聞き間違い…?

そう思うほど余りにも平然とした様子に、むしろ私が敏感に反応しすぎなんだと恥ずかしくなる。余計な雑念を吹き飛ばそうと、小さく頭を振った。

「いくら私でも、何人もの先輩方の所に伺ってご指導を受けたりはしていません。そんな事をしていたら、あちらこちらで『常識外れの迷惑女優』としてレッテルを貼られてしまうじゃないですか」
動揺した心を隠して何事もない風を装って言うと、敦賀さんがくすりと笑った。

「そうかもしれないね。まあ、不名誉なレッテルを何枚も貼られてしまうよりは、一枚に抑えておいた方が賢明だろうな」
「……そんなレッテルは一枚もないよとは言ってくれないんですか?敦賀さん」
フォローする気が全くない先輩に口を尖らせてささやかな不満を漏らしたところ、返されたのは呆れたようなため息一つ。

「そんな慰めを言ったところで、君の為にはならないだろう?まあ、一枚ぐらいは十分許容範囲だから、心配しなくて良いよ」

どうあっても一枚は確定ということなんですね?
それに何がどう許容範囲なんでしょう?

聞きたいところではあるけれど、なまじ敦賀さんには今までに多大な迷惑をかけてきたという自覚があるだけに、下手に突っ込んで地雷を踏む勇気はない。
チロリと顔色を伺うと、視線がぶつかった先で敦賀さんがふわりと微笑んだ。

「だからね…来るなら俺の所にだけおいで」


――ああ…!
地雷ではなくて、爆弾だ……!


心臓を直撃するその凶器の破壊力は凄まじく、思考回路はあっさりと狂わされる。

その言葉の意味するところが何なのか、見極めようとすればするほど間違った答えに行き着きそうで怖くて怖くて仕方がない。
自分に都合の良い、思い上がりも甚だしい答えを。

ダメダメ…!

グッとお腹に力を入れて、口の中の空気をゴクリと飲み込んだ。

そんな空回りはもう終わりにするんじゃなかったの!?
その為に今日、敦賀さんをここへと呼び出したんでしょう!

自分を叱咤して、皮切りとなる言葉を紡ぐ。

「いえ…せっかくのご好意ですが、これからは演技の相談の為に敦賀さんのお宅へ伺う事はないと思います」

敦賀さんの切れ長の目が大きく見開かれた。


関連記事

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。