更新履歴


カテゴリー


タイトル一覧


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
K~Mまでです。
いつもそうですが、今回は本当に『予想』ではなく『創作』です。

***************************


K…Kyoko

まさかこんなに大掛かりなパーティになるなんて思いもしなかった。
迎賓館なんて話が出たときにはどうしようかと眩暈がしたけれど、マリアちゃんとあれこれと相談をしてどんな構成にするか企画を練って、そしてそれが本当に実現していく様子を目の当たりにするのはとても楽しかった。

本来の目的を忘れそうになってしまいそうなほどに……

一年の中で一番祝福されるべき日。
嬉しくって、ワクワクして、とびっきりの笑顔で迎える日。
そんな当たり前の一日をマリアちゃんに過ごして欲しかった。

アンラッキーをラッキーに。

――LUCKY NUMBER “24” 

それが私の願い。
私の、ただ一つの目的。


L…Light

「それではもう一輪、花を咲かせよう。このパーティに相応しい美しい花を!」

黒いマントを纏った男が手を大きく上にかざす。
それを合図にフッと照明が暗くなり、幾つもの丸い形の明かりが部屋の壁中に現れた。

「わぁ……」
その光景にキョーコが感嘆の声を上げる。

赤・青・黄・緑・紫……様々な色のライトの中央に影絵のように浮かんでいるのは、妖精のシルエット。

それはまるで生きているかのように縦横無尽に室内を駆け巡り、やがて光の妖精達は次第に行動範囲を狭めて一点へと集まった。

「え?」
目を丸くしてキョトキョトと周りを見回すコックコート姿のキョーコを、グルリと円になって妖精達が囲む。

ポーーーーン……

ピアノの音が響くと同時に妖精を映すライトが一斉に消え、室内に再び闇が訪れた。
暗い室内の中、流れるのはマリアが感謝を込めて作ったという曲。
生演奏の一曲目として演奏されたそれはアレンジを変えられていて、段々にスピードを上げていく。
その勢いが最高潮に高まった時ピアノの音が突然消え、同時にスポットライトが一つの華を照らし出した。

それはこのパーティを企画し、全てを取りまとめた少女。

その身に纏っているのは薄いピンクのマーメイドドレス……肩から腰までを流れるように生花が彩り、それに誘われるようにビーズの蝶が散りばめられている。
光の中に立つその可憐な姿は、先程の妖精達の主かと見るものを錯覚させた。

「この素晴らしい一時を我々に与えてくれた京子!そして……」
マントの男の声が高らかに彼女の名を呼ぶと共に、もう一つのライトがピアノの傍にいる少女を照らし出した。

「マリア!……二人に感謝と祝福を!」

ホールの一角から、拍手が起こる。
一人の手から響いたそれは、二人、三人と続いて全体へと広がっていき、ついには割れんばかりの拍手が場内を埋め尽くした。

降りしきる拍手の中、再び照明が灯され、その明るさにキョーコは目を細める。
視界がクリアになるにつれて、彼女の瞳に映ったのは拍手をする一人一人の顔だった。

芸能界で生きていくためのチャンスをくれた恩人。
行き場のない自分に住む場所を提供してくれた心温かい夫婦。
仕事を通して親しくなった、お世話になっている人々。
自分をまるで姉のように慕ってくれる可愛い女の子。
生まれて初めてできた、かけがえのない大好きな親友。
何かと気を遣い、声をかけてくれる優しい『帳』の役を持つ人。
そして同じ道を目指す上でも人としても、尊敬してやまない……誰よりも光が似合う男性。

キョーコは一瞬、泣きそうに顔を歪めた。
しかし彼女は深々とお辞儀をすると、嬉しそうに……最高に晴れやかな笑顔で、彼女に向けられた多くの拍手に応えた。


M…Magic

「大した魔法使いだな、アルジは」
エルトラがローリィに近づき声をかける。

「プリンセスに24時を過ぎても解けない魔法をかけるのだから」
「いや、私の仕掛けなど、些細なものだよ」

彼はキョーコに駆け寄るマリアと、それを愛しそうに眺めるコウキを見やった。

『お父様は私の事なんてどうでもいいのよ……っ』
『親として言ってはいけないことを……やってはならないことをした私が、どんな顔をしてあの子に会いにいけばいいんですかっ……!』

互いに手を伸ばしたいと願っているのに、傷ついた心ゆえに距離を縮めることができなかった二人。
実父であり、祖父であるローリィでさえ、2年以上もの間それを解決することは叶わなかった。

彼は昔からの知己に顔を向け、笑いかける。

「真の魔法使いはマリアと話している少女だよ、エルトラ。私が行なったのは仕掛けを施したマジックに過ぎない。だが、彼女が起こすのは紛れもないミラクルだ……!」


関連記事

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。